comment1
    1: ホイミン ★ 2018/10/04(木) 16:27:28.56 ID:CAP_USER9
    9月28日、『V6』岡田准一の主演映画『散り椿』が全国342スクリーンで公開された。岡田の結婚後初となる作品に多くの注目が集まっていたが、出だしでつまずいて“大爆死”を遂げそうな状態になっている。

    江戸時代が舞台の同映画は、直木賞作家・葉室麟氏の同名小説を実写化したもの。岡田が演じるのはかつて一刀流道場四天王の1人と謳われた瓜生新兵衛で、西島秀俊、麻生久美子、芳根京子といった話題の役者たちが脇を固める。

    岡田といえばジャニーズきってのムービースターで、2013年に主演した『永遠の0』は公開2日間で観客動員42万人以上、興行収入5億4,200万円を記録。最終的に観客動員数700万人、累計興行収入86億円を突破し、歴代の邦画実写映画で第6位に輝く空前の大ヒットを収めた。17年8月公開の主演映画『関ヶ原』も興収24.0億円と、安定してヒットを飛ばしている。

    しかし今回の『散り椿』は、土日の2日間で動員9万2,000人、興行収入1億800万円という低調な成績。「このペースでいくと、最終的な興行収入は5~6億円。まぎれもなく大コケですね…」と、映画関係者は語る。

    https://myjitsu.jp/archives/63716

    【主演 岡田准一! 結婚後初となる映画『散り椿』○○○】の続きを読む

    comment1

    1: 風吹けば名無し 2018/10/01(月) 23:53:36.52 ID:YJHuPb1S0
    LHQ79Rv


    【京アニの黒髪ロングヒロイン! 全員同じ顔なのか…】の続きを読む

    comment1
    1: 風吹けば名無し 2018/09/28(金) 09:38:40.04 ID:7meJw3on0
    エヴァ:Qの公開後、僕は壊れました。

    所謂、鬱状態となりました。
    6年間、自分の魂を削って再びエヴァを作っていた事への、当然の報いでした。

    明けた2013年。その一年間は精神的な負の波が何度も揺れ戻してくる年でした。
    自分が代表を務め、自分が作品を背負っているスタジオにただの1度も近づく事が出来ませんでした。
    他者や世間との関係性がおかしくなり、まるで回復しない疲労困憊も手伝って
    ズブズブと精神的な不安定感に取り込まれていきました。

    その間、様々な方々に迷惑をかけました。
    が、妻や友人らの御蔭で、この世に留まる事が出来、宮崎駿氏に頼まれた声の仕事がアニメ制作へのしがみつき行為として機能した事や、
    友人らが僕のアニメファンの源になっていた作品の新作をその時期に作っていてくれた御蔭で、アニメーションから心が離れずにすみました。

    http://www.evangelion.co.jp/news_20150401.html

    【エヴァQ叩かれすぎて鬱病になった庵野秀明! エヴァ制作やめるのか!? 】の続きを読む

    このページのトップヘ